4つのニキビの進行段階について!

[colored_box color=”light‐red” corner=”r”][icon image=”finger1-r”]ニキビは段階によって対処が異なります[/colored_box] [colored_box color=”light‐red” corner=”r”]

ニキビは年齢や性別に拘わらず悩みの種です。

 

特に顔に出来るニキビはとても目立ちますので

嫌な気分になります。

 

このページでは、ニキビの進行段階を4つに区分して

解説致しますので ニキビ予防に役立てましょう。

 

[icon image=”finger1-r”]4段階とは?


(1)初期ニキビ

(2)出来はじめニキビ

(3)悪化ニキビ

(4)重症ニキビ

[line color=”red” style=”solid” width=”1″]

第一段階の初期ニキビは、もう少しで

ニキビになるというレベルで表面化していない状態です。

 

 

しかしながら、

角栓が毛穴に詰まり皮脂を排出できなくなるとか、

古い角質が皮膚の毛穴を塞いでしまったりします。

 

この段階ならば、本格的なニキビになっていませんから、

ニキビ跡への懸念はないですからニキビにならないように

予防することが大切です。

[line color=”red” style=”solid” width=”1″]

第二段階の出来はじめニキビは、

第一段階が進行し分泌された皮脂が

毛穴へ詰まっている状態で、

ニキビ・吹き出物・コメドなどと呼ばれています。

 

コメドには、二種類あり毛穴に角栓が詰まった黒ニキビと、

古い角質で毛穴が塞がった白ニキビです。

 

この段階ではニキビ跡になることはないですが

進行すると注意が必要になりますので、

ニキビの進行を防ぐことに留意しましょう。

[line color=”red” style=”solid” width=”1″]

第三段階の悪化ニキビは、

皮膚の表面が赤く腫れてしまって痛み出したり、

皮脂が蓄積して炎症を起こしたりします。

 

一般的には赤ニキビと呼ばれ、

溜まっていた皮脂が毛穴へ押し出されて

お肌の表面に出現してきます。

 

 

この状態では、赤ニキビの炎症が酷くなり

お肌には強いダメージになり、 ニキビ跡が皮膚の表面に出来てしまいます。

 

この段階からはニキビ跡が出来ていくので

要注意で改善が不可欠です。

[line color=”red” style=”solid” width=”1″]

第四段階の重症ニキビは、

第三段階の赤ニキビがさらに進行してしまった状態で、

赤ニキビが気になり手で触れてしまったり

潰してしまったりする人達が多いのが特徴です。

 

 

炎症が進んで膿んできますので、

一般的には黄ニキビと呼ばれていますが、

毛穴のみならず皮下組織にもダメージがある場合は

クレーターになりデコボコが残る可能性がでてきます。

 

 

完全に消えるかどうかは難しくなり

自己ケアは限界がありますので皮膚科受診が最善策です。

 

以上、

ニキビの進行段階を4段階に区分してお話をいたしました。

ニキビケアは早い段階で、

対処しておくとニキビ跡にならずに済みますが、

段階が進行してしまうとニキビ跡が出来ますので早期のケアをするように注意しましょうね。

[/colored_box]