スキンケアを見直してのニキビ対策

 自分に合ったニキビ化粧品を見つけることが大切です!

 

 

ニキビ対策は色々の方法があります。

 

ここでは、

スキンケアを見直すニキビ対策についてお話をします。


 

 

一番目は、

みずぶくれスキンケアの見直しです。

 

現在一般的なスキンケアの方法は、

合成界面活性剤を利用してお肌のバリアを破壊することによって水分を強引にお肌へ吸い込ませるやり方です。

 

化粧水を使ってどんどんとお肌に水分を吸い込ませ、

使用感は良いです。

 

しかしながら、

お肌の気本的な仕組みである皮脂と水分で

肌細胞の間を満たしてバリアを形成するということを完全に無視しています。

 

スキンケアはお肌のパワーを引きだすもので、

極力シンプルな成分で合成界面活性剤を利用していない製品が注目されています。

 

使って速効お肌が蘇るわけではないですが、

長い目で考えるとお薦めです。


 

 

二番目は、

メイクしている時間を短くする方法です。

 

お肌については、何もつけていない状態が一番自然ですが、

化粧をしているとお肌の表面を覆うことになり毛穴を防いでしまいます。

 

とりわけ化粧ノリが良くて、

落ちにくいメイクについてはその傾向が強いです。

 

ニキビを治療するにはメイクをしないことがベストですが、

ノーメイクで外出するわけにもいかないですね。

 

注意して欲しいのは、

ファンデーションをリキッドタイプからパウダータイプに変えることです。

 

そしてメイクする時間をできるだけ短くしたいですから、

帰宅したらすぐに洗顔してメイク落としをしましょう。

 

 

メイクを落とす時には、

石けんだけで綺麗に落ちれば良いのですが、

石けんだけでは落ちないこともあります。

 

そういった時はクレンジングを使ってメイク落としをしますが、

注意しておきたいのは クレンジングをしっかりと落とすことです。

 

クレンジングはお肌には強い刺激になりますから、

クレンジングの後は必ず石けんを使って洗顔をしましょう。

 

簡単にできる拭き取りタイプのクレンジングは、

綺麗にとれなくて毛穴に残ってしまったメイクがニキビを悪化させてしまいます。

 

以上、

スキンケアを見直すニキビ対策で、

水ぶくれスキンケアの見直しと、

メイクしている時間を短くする方法についてお話をしました。

 

ニキビの改善にお悩みの人は一度お試しください。

ニキビ解消法・インナードライ対策!

 インナードライを自覚していない方は多いです!

 

 

乾燥肌や脂性肌などの肌タイプの一つに、インナードライ肌があります。 その名前の通り、お肌の内部が乾燥している状態なのですが、逆に肌表面は脂浮きしているという特徴があります。

そのため「自分は脂性肌」と勘違いしてしまい、間違ったお手入れの方法をとってしまう可能性があるのが、インナードライ肌の怖いところです。しかも、脂性肌用のケアをしていると、肌内部の乾燥を悪化させてしまうことがあるので注意しなくてはなりません。

あなたもインナードライ肌かも?

表面上は脂性肌に見えるインナードライ肌。では、どのように見分ければいいのでしょうか。

・脂性肌用のケアを続けているのに、テカリやニキビが一向に改善されない
・肌表面はしっとりしているのにもかかわらず、突っ張る感じがする
・肌がゴワついていて、毛穴が目立ち、化粧のりが悪い
・クレンジングや洗顔を入念におこなっているうちに、敏感肌になってきてしまった(いつもの化粧水が急にしみるようになった…など)

上記のような症状に心当たりのある方は、インナードライ肌かもしれません。気になる場合は、油分量と水分量の測定をしてもらえるコスメカウンターもあるので、活用してみてはいかがでしょうか。 自分の肌質をきちんと知ることは、美しい肌を手に入れるための第一歩となるのです。

インナードライ肌の原因とメカニズム

 

お肌は皮脂膜で守られており、この皮脂膜が1次バリアと呼ばれています。そしてその奥には角質層があり、インナードライ肌とは、角質層の水分量が不足している状態を言います。

角質層は、角層細胞と、細胞間脂質と呼ばれる「セラミド」を中心とした保湿成分の集合体によって成り立っており、通常であればこの細胞間脂質はたっぷりの水分を含んでおります。

この角質層を満たすセラミドが2次バリアと呼ばれており、非常に重要な役割を担っています。紫外線やハウスダストといった外部の刺激から私達の体を守ってくれているのです。ですが、肌の保水量不足はこの角質層を減少させることとなり、結果、外部の刺激から十分に守られなくなってしまうのです。

では、なぜ角質層が十分な保水量を保てなくなってしまうのでしょうか。様々な要因が考えられますが、大きな理由としては、紫外線による刺激と、過剰な洗顔の二つが挙げられます。

紫外線がお肌にとって悪影響をもたらすのは、誰もが知っていることだと思いますが、お肌のために続けている洗顔も、過剰になるとお肌に悪影響を及ぼすのです。

洗顔は、汚れやメイク、余分な皮脂などを取り除いてくれますが、お肌の潤いまで奪ってしまう場合があります。必要な潤いまで奪われた角質層が崩れ、それを補修しようと、次々と新しい細胞が作られていきます。

本来ですと、皮膚は約28日のターンオーバーで新しくなっていきますが、このサイクルが短くなってしまい、表面に未熟な状態の肌が押し上げられます。未熟な角質層では外部からの刺激を十分に防げずに、肌の奥までダメージを負ってしまうのです。(バリア機能の低下)

こうなってしまうと悪循環がおこります。最終的には、角質層自体が薄くなり、少しでも外部刺激から防御するために、足りない水分に代わって皮脂を多く分泌するようになります。 これがインナードライ肌の正体なのです。

インナードライ肌におすすめのスキンケア法

 

インナードライ肌を改善するのに、一番大切なのは角質層の保水能力を上げることです。そのためには、まず間違ったスキンケアを止め、正しいケア方法を実践してみましょう。

洗顔

過度の洗顔は、インナードライ肌を悪化させる原因となります。 メイクや日中の汚れを落とすために、夜のクレンジング・洗顔は欠かせませんが、朝は一度、石けんの使用をやめ、ぬるま湯で優しく洗顔するようにしましょう。

また夜は、低刺激のクレンジング剤でメイクを落とし、石けん(または洗顔フォームなど)をホイップクリームのように泡立て、その泡を潰さないように優しく肌の上で動かしていきましょう。ポイントは、指でお肌をこすらずに、泡をくるくると滑らせていくことです。

化粧水

洗顔の後は、化粧水で水分をたっぷり補給しましょう。 この時、お肌への刺激となる可能性があるアルコール(エタノール)が配合された化粧水はなるべく避けた方がよく、また忘れてはいけないのは、インナードライ肌は化粧水による保湿だけでは改善しないということです。

逆に、セラミドが配合された化粧水や、セラミドを増加させ、角質層の水分保持機能を改善すると言われているライスパワーエキスNo.11が配合された化粧水を使うのが効果的です。

セラミドは角質層で水分を保持するプールのような役目を担っています。つまり、セラミドが不足しているお肌には、いくら化粧水で水分を補給しようとしても、お肌自体が与えられた水分を保持できないのです。つまり、インナードライ肌セラミドを増やすことが不可欠なのです。

では、セラミドが配合された化粧品と、ライスパワーエキスNo.11が配合された化粧品、どちらを選べばいいのでしょうか。それぞれの特徴を挙げてみました。

1 セラミド主体
セラミドを外部から補給するタイプ。 コストパフォーマンスに優れている。 (セラミドにもいくつか種類がありますが、特に有効だと言われている人型セラミドが配合されたものを選ぶと効果がでやすいと言われています)

2 ライスパワーエキスNo.11主体
セラミドの生成を促すタイプ。 セラミド主体の化粧品に比べると、やや高価。 厚生労働省が効果を認めている。 厚生労働省の認可がある分、ライスパワーエキスNo.11主体の化粧品の方が効果が期待できそうですが、コストパフォーマンスの問題もあります。

両者違いはあるものの、どちらの成分も人の肌に一致しており、肌の保水力を高める効果を期待できるので、どちらを選んだところでインナードライ肌の改善を期待できそうです。同じ成分を配合していても、各銘柄によって使用感が異なりますので、まずはサンプルなどで試してみてはいかがでしょうか。

保湿ケア

化粧水でたっぷり水分補給をした後は、美容液などを丁寧に広げ、ハンドプレスをしたときにお肌が吸い付くようになるまで、しっかりとなじませましょう。そして、最後に油分の少ないタイプのクリームやジェルなどでふたをします。

上記のスキンケアを実践すると共に、日焼け止めなどで紫外線対策をしっかりとし、ベースメイクでは油分の多いリキッドファンデーションや、クリームファンデーションを避けるようにしましょう。 また、質層のセラミドを増やすには、十分な睡眠をとるのが有効だとされています。

これらのケアを続けていくことで、少しずつターンオーバーが正常に戻り、お肌のバリア機能が回復し、インナードライ肌が改善されていくのです。

最後に

 

角質層の乾きは、お肌の表面にまで深刻なダメージを与えます。 ハリ不足やシワ、シミ、くすみなど、様々な肌トラブルを引き起こさないためにも、早めの改善が必要となります。

インナードライ肌のケアに欠かせないのは、セラミドです。セラミド自体が配合された化粧品も様々なものが市販されています。

自分の肌タイプに合った化粧品を見つけ、正しいケアを続けていくことで、内側から潤うお肌を手に入れましょう。

正しい洗顔法でニキビを改善しましょう!

 正しい洗顔はニキビケアの基本です!

 

 

ニキビ予防には何が大切かと言いますと、

やはり洗顔がナンバーワンだと思います。

 

しかしながら、

ただ自己流の洗顔をしているだけでは駄目なんです。

 

このページでは正しい洗顔法を解説しますので、

実践してください。

 

まずは、

駄目な洗顔方法をまとめておきますので、

こういった方法はやめましょう。

 

いくら汚れを落とそうとしても、

一日に三回以上の洗顔をしている人は 多すぎですから、

朝晩の二回だけで充分です。

 

手に力を入れてごしごしと洗うこともお肌には

強い刺激になりますから駄目です。

 

 

時間をかければ綺麗になると思いがちですが、

一回に五分以上も時間をかけて洗うのも禁物で、

お肌の古い皮脂汚れは一分もあれば落とせます。

 

寒い冬にありがちなのですが、

熱いお湯であらうのもニキビには大敵です。

 

さあ、

それでは正しい洗顔方法を説明しますので、

自己流洗顔を改善してください。

 

ニキビやニキビ跡を気にしている人に共通しているのは、

汚れを落としたいという意識が強すぎて洗いすぎることです。


 

 

第一段階は、

洗顔石鹸をつける前にぬるま湯で顔全体を軽く濡らすことです。

 

熱いお湯を使わないでぬるま湯を使うようにしてください。


 

 

第二段階は、

市販されている泡立てネットを利用して洗顔石鹸をしっかりと泡立てることです。

 

手で泡立てるよりも泡立てネットを使う方が、

手早く泡立つので便利ですね。

 

濡らした顔が乾燥しない間に手早く充分に

泡立てることがポイントになります。


 

 

第三段階は、

強くこすらずにお肌に馴染ませるようにすることです。

 

洗顔石鹸が充分に泡だったら、

TゾーンからUゾーンへ目の周囲と口の周囲へ馴染ませてゆき、

手で擦らないように注意しましょう。

 

手で洗う癖がある人は慣れるまでは大変ですが、「泡だけで洗顔する」

意識を持って下さい。


 

 

第四段階は

手を使わずにやさしく洗うことです。

 

ぱしゃぱしゃと手を使って洗うイメージがありますが、

この方法はとても お肌にダメージがあります。

 

シャワーを使って手を使わずに洗うか、

お湯を溜めておいてできるだけ触らないように丁寧にやさしく洗って下さい。


 

 

第五段階は、

清潔なタオルで軽く水分を拭き取ってください。

 

使いさしのタオルではなく、

綺麗なタオルを使う事が大切で、

当然ごしごしと擦ってはいけません。

 

軽く押さえるような感じでやさしくおこないましょう。

 

以上が正しい洗顔法で、

この洗顔方法を朝晩2回継続するようにしてみましょう。

 

間違った洗顔をしている皆様は、

洗顔方法を変えるだけで見ちがえるように

ニキビやニキビ跡の悪化を防げるでしょう。

すぐにできるニキビケア

 今日から始めるべきニキビケアはこれだ!

 

 

最近は、

様々なスキンケア方法が紹介されていますが、

継続していくこと ができなければ意味がありません。

 

また、

特別なケア方法であれば、

毎日続けていくい事が苦痛になってしまうこともあります。

 

そこで、

今日から簡単にできるニキビケア方法についてご紹介していきます。

 

どれも些細なことではありますが、

だからこそ継続していくことで効果を期待することができますので、続けていくようにしましょう。


 

 

まず1つ目は、

夜髪の毛を洗う癖をつけるということです。

 

つい朝シャワー を浴びれば良いと考えてしまいがちですが、

頭皮に角質が溜まった状態で 寝てしまうと、

枕のタオルなどの寝具が汚れてしまい、

ニキビができやすい 環境となってしまいます。

 

ですから、

寝る前に余分な汚れを落とし、

寝具を清潔に保つことが 重要だといえるのです。


 

 

2つ目ですが、

洗顔が終わったら、すぐに化粧水などを使用して、

スキンケアを行なうということです。

 

洗顔後は、

顔の水分が蒸発しやすい 状態になっていますので、

感想肌を招きやすい肌環境となっています。

 

大人ニキビの原因の1つとして、

乾燥肌がありますので、

できるだけ肌が乾燥する時間を短くして十分に潤わせることで、

乾燥肌によるニキビを防ぐことができるといえます。


 

 

次に3つ目ですが、

朝食をしっかりと摂るということです。

 

朝食を食べない人が増えていますが、

新陳代謝が低下するばかりか、

脂肪が体内に溜まりやすくなりますので、

ニキビができやすい体質となってしまいます。

 

ただし、

いきなり朝食を摂るといっても、

なかなか食べることができない人も多いと言えますので、

最初はフルーツやサラダ、野菜ジュースなどを 中心に食べるようにし、

徐々に量を増やしていくと良いでしょう。

 

 

この他にも、

効果的なニキビケアはありますが、

洗顔やスキンケアに使う商品に気を配るだけがニキビケアだとはいいません。

 

上記のように、

直接肌を触ることがないことでも、

効果的なケアとなるのです。

 

できることからで構いませんので、

1つずつ試してみてはいかがでしょうか。